火力発電ライブラリ (Thermal Power Library) は、地域熱供給ネットワークを含む 火力発電 所の運転のための包括的なモデリング、シミュレーション、および最適化のフレームワークを提供します。

火力発電ライブラリは、過渡的なシナリオにおけるプラントの性能や限界を分析するのに最適で、太陽熱発電、ガス、石炭、原子力などの新旧両方のエネルギー源をカバーしています。また、火力発電ライブラリは、再生可能エネルギー源の利用増加に伴う急激な負荷変動に対応するために必要な、安全要件や制御システムの検証にも使用できます。

弊社の柔軟なモジュール式テンプレート構造は、適切な忠実度レベルでの効率的かつ効果的なモデリングを可能にします。高速で数値的にロバストなモデルを利用できるため、ユーザは大規模なシステムのシミュレーションと最適化を効率的に行うことができます。企業規模に関係なく、コンセプト設計の初期段階で複数の動的設計の挙動研究を実施することを求めるあらゆる企業でご利用いただけます。

火力発電ライブラリと弊社の OPTIMICA Compiler Toolkit (Modelica と FMI をベースとしたシステム設計のための計算プラットフォーム) を組み合わせることで、ユーザは Python インターフェースを利用して、プラントのスタートアップシナリオや地域熱供給の生産計画などのユースケースで、難しい動的最適化問題を解決することができます。

リリース情報
製品シート
エネルギー貯蔵、蒸気サイクル、制御システムを含む完全な太陽光発電システムのモデル。プロットは定常状態におけるプラント全体の効率を示している。
お問い合わせ

火力発電ライブラリ の利点

  • 多彩な設計・解析を可能にするアクセシブルなコンポーネントモデル
  • 新旧のエネルギー源のモデル化に特化
  • 新規プラントのコンセプト、独自のレイアウト、新しい研究コンセプトの評価などをモデリングするための柔軟な構造
  • 起動順序、プラント全体の制御設計、緊急時のシナリオシミュレーションとコントローラチューニングのモデル化が可能
  • 大規模システムの高速シミュレーションと動的最適化のための数値的に数値的に効率的でロバストな流体モデル
  • 迅速なモデル開発のための定義済みのテンプレート
  • 動的および定常状態のシミュレーションを単一のモデルで実現し、生産性の向上と時間の節約

火力発電ライブラリ の適用事例


火力発電ライブラリは、あらゆるタイプの 火力発電 所の性能解析と最適化を可能にします。

具体的な適用事例は次のとおりです。

  • 制御システムの開発と検証:再生可能エネルギー源の利用増加に伴う急激な負荷変動に対処するための制御方式の開発。
  • CCS (二酸化炭素貯留) 技術: CCS プラントの経済性と安全性に影響を与える、様々な設計または運用オプションの結果を予測。
  • 地域熱供給:ネットワーク内の生産ユニットを最適化に基づいてスケジューリングすることで、熱需要を確実に満たしつつ、工場の利益を最大化することが可能。
  • 小型モジュール式原子炉 (SMR) :技術的に洗練されたアセンブリ、厳格な安全要件、および大規模な設計コラボレーションに対する需要への対応。
  • 太陽熱発電所:過渡状態での様々な蓄熱構成と制御方法を分析。
  • 火力発電所の最適化:電力市場における再生可能エネルギーの比率を高め、需要と生産のバランスを維持。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required