電動化ライブラリ (Electrification Library) は、 電動化 システムの設計、解析、検証、制御のためのマルチフィジックスに対応した Modelica ベースのライブラリです。このライブラリは、自動車、航空機、パーソナルモビリティ、補助蓄電システム、およびその他の複雑なエンジニアリングシステムを含む様々な 電動化 アプリケーションに適しています。

電動化ライブラリには、バッテリ、電動機、コンバータ、負荷、配線などの再利用可能なコンポーネントモデルが含まれています。これらのモデルは、共通のインターフェースに基づいており、アプリケーション固有の詳細情報を含めることができるよう、高度な拡張性とカスタマイズ性を備えています。

このライブラリは、共通のモデルアーキテクチャを提供し、同じフレームワーク内で幅広いユースケースをサポートします。各ユースケースに合わせてモデルの忠実度を調整する独自のアプローチに基づいており、電気系、機械系、熱系、制御系ダイナミクスの詳細レベルを調整することができます。バッテリは、 1 つのセルからバッテリパックシステムまで拡張することができ、高速の電気的なものから低速の熱的なもの、さらには経年劣化ダイナミクスまでの幅広いタイムスケールをカバーしています。

このライブラリはシステム構成管理のために作られており、モデルの再利用、大規模なコンポーネントのバリエーションやシステム構成の処理などのワークフローをサポートします。

本ライブラリ製品はパートナーの協力のもと、モデロン内で数年間にわたり開発・適用されてきました。 1.0 リリースから、広範なアプリケーションに対応するよう産業コラボレーションを通じて強化された既製の商用ライブラリとして提供されています。

リリース情報
製品シート
電動化 - バッテリフルシステムバッテリパック
お問い合わせ

電動化ライブラリ の利点

  • 様々なアプリケーションに対応する共通のアーキテクチャ 
  • シミュレーションの目的に合わせて忠実度を調整する独自のモジュール式アプローチ  
  • 電気系、機械系、熱系、および制御系ダイナミクスのマルチフィジックスモデリング 
  • モデルの再利用とシステム構成管理のために構築 
  • 拡張性とカスタマイズ性に優れている 
  • サードパーティモデルとの統合をサポートする標準インターフェース 
  • すべてのコンポーネントで熱力学をサポート 
  • 制御系(ソフトウェア)モデルの統合サポート 

電動化ライブラリ の適用事例


電動化ライブラリは、システムモデリングのすべての段階に対応する協調的なソリューションとして開発されました。

適用事例は次のとおりです。

  • システム設計の検証 
  • リミテーションと限界を考慮したコンポーネントによる性能評価 
  • エネルギー効率と車両走行距離 
  • 熱マネジメント 
  • システム/コンポーネントの使用とサイジング設計 
  • ソフトウェア/制御の検証と妥当性確認 (MIL / SIL / HIL) 
  • 起動時やシステムの一部が正常に機能していない状態での過渡的な事象 

Rimac 社のフルオートシミュレーションへの挑戦

クロアチアの自動車技術を牽引する Rimac は、マルチフィジックスパワートレインシステムの評価に、より効率的で柔軟な方法を必要としていました。この新しい研究事例から、 Rimac 社がモデロンの電動化ライブラリを使用してどのように 電動 パワートレイン、バッテリモデリング、フルビークルシステムシミュレーションのニーズを満たしたかを学ぶことができます。

“モデロンのライブラリにより、我々は初期のシステム設計に更に自信を持ち、これまで以上に迅速にシミュレーションを構築し実行することができます。以前は手動による定常分析を適用していましたが、現在はフルシミュレーションを実行し、より多くの洞察を得ることができるようになり、 Rimac Automobili の新たな可能性が広がりました。”
– Kruno Hrvatinić,
Head of Control and Simulation at Rimac
Technology
事例研究を読む

REQUEST INFORMATION

  • *Field required