Modelonの電動化ライブラリは、電動化システムの設計・分析・制御のためのModelicaライブラリです。このライブラリは、地上車全般、航空機、パーソナルモビリティー、補助蓄電システム、およびその他複雑な設計システムを含む様々な電動化アプリケーションに適しています。

本ライブラリは電動化システム用に互換性のあるコンポーネントモデルを備えた、拡張性のある柔軟なモデルアーキテクチャを提供します。モデルには、同じモデリングフレームワーク内での豊富なユースケースをサポートする多目的性や、様々なレベルの電気系・機械系・熱系・制御系ダイナミクスを捕捉するために、複数の忠実度が備わっています。コンポーネントモデルには、バッテリー、機械、コンバーター、負荷、配線、および制御等が含まれます。モデルは、熱インタフェースと相応する熱モデルを備えています。バッテリーモデルには、セルからパックまでのモデリングをサポートするための様々な電気、熱および劣化モデルが含まれています。

本ライブラリはパートナーの協力のもと、Modelon内で数年間にわたり開発・適用されてきました。1.0リリースから、広範なアプリケーションに対応するよう産業コラボレーションを通じて強化された既製の商用ライブラリとして公開されることになりました。

Release Information
製品シート
Request A Demo

利点

  • 電気系、機械系、熱系、および制御系(ソフトウェア)ダイナミクスの正確で計算効率の良い表現
  • 共通でコラボレーションしやすいアプローチによる広範な電動化アプリケーションをサポート
  • 効率的なモデリングのためのモデルアーキテクチャに基づく柔軟なモデル構成
  • 多目的ユースケース(様々なシステム、アプリケーション、詳細レベル、計算要件、インタフェース等)を処理する独特な構成管理
  • ユーザーカスタマイズと知的財産のための拡張可能なモデル
  • 他のモデルとの統合をサポートする標準インターフェース

適用事例

電動化ライブラリは、電動化システムのシステム分析と制御設計に兼用できる協調的なライブラリとして開発されています。

適用事例は次のとおりです。

  • コンポーネントやソフトウェア制限を含むシステムのパフォーマンス評価
  • システムの効率と範囲確認
  • システム設計とバーチャル検証
  • システム/コンポーネントのサイジング設計
  • 熱管理
  • ノーマルおよびオフデザイン動作を含む過渡期シミュレーション
  • 電気周波数解析(EMC)
  • ソフトウェア/制御の検証と妥当性確認(MIL / SIL / HIL)

RIMAC社のフルオートシミュレーションへの挑戦

クロアチアの自動車技術を牽引するRimacは、マルチフィジックスパワートレインシステムの評価に、より効率的で柔軟な方法を必要としていました。この新しい研究事例から、Rimac社がModelonの電動化ライブラリを使用してどのように電動パワートレイン、バッテリモデリング、フルビークルシステムシミュレーションのニーズを満たしたかを学ぶことができます。

“Modelon社のライブラリにより、我々は初期のシステム設計に更に自信を持ち、これまで以上に迅速にシミュレーションを構築し実行することができます。以前は手動による定常分析を適用していましたが、現在はフルシミュレーションを実行し、より多くの洞察を得ることができるようになり、Rimac Automobiliの新たな可能性が広がりました。”
– Kruno Hrvatinić,
Head of Control and Simulation at Rimac
Technology
事例研究を読む

REQUEST INFORMATION

  • *Field required