燃料システムライブラリは民間や軍の飛行機の燃料システムを設計し検証することを目的としたModelicaライブラリです。様々な動的操作モードとフライトコンディションについて分析・検証ができるように作られています。

飛行機は加速や配向の様々な状態変数によって特徴づけられます。燃料システムライブラリは燃料と空気の混合をこれらの効果を考慮しながらシミュレーションを行うことができ、また、二方向流れを十分にサポートしています。

このライブラリは、ヨーロッパの機体製造業者と協力しながら長年の間Modelon内で開発してきたものです。現在では、この産業分野でパッケージを提供することができます。

大規模複合システムの取り扱いとロバストな数値計算ができるように作られています。部品として、排出装置、ポンプ、タンク、バルブ、パイプなどを含みます。

リリース情報
製品シート
燃料システム設計。特定の運転条件の間にタンクシステムが燃料で満たされたときのタンクシステムのシステム動作を確認する。

利点

  • 効率的なモデル管理のためのお客様定義のシステムアーキテクチャの柔軟な構成
  • 包括的なフライト環境を通じた高精度な予測のための任意の重力と加速度を考慮しながらの構造モデル
  • Hardware-In-the-Loop(HIL)を可能にするリアルタイム高性能モデル
  • あらゆる操作条件をカバーするための二方向流れを完全サポート
  • 大規模複合システムのロバストかつ高速なシミュレーションを可能にする空気・ガス混合特性の効率的な表現
  • 高速なシミュレーションと適正な複雑さのための、熱効果のスイッチオン&オフなど、忠実なモデル構成

適用事例

燃料システムライブラリは、重要な状況で操縦性を提供するロバストな燃料システムを確実にするために、システムと制御設計を検証するために業界に導入されています。
適用事例は以下の通りです。

  • 燃料システム設計
  • 制御システム検証
  • クリティカルなコンポーネントの検証 – 様々な飛行条件、機動状態、また装置の故障時にエンジンに燃料を十分ロバスト的に供給できることを検証
  • パイプおよび機器への圧力・熱影響のライフサイクル分析

REQUEST INFORMATION

  • *Field required