燃料システムライブラリ (Fuel System Library) は、民間および軍用航空機の 燃料システム の設計と検証を目的とした Modelica ベースのライブラリです。このライブラリは、様々な動的な操作モードや飛行条件における 燃料システム の挙動を解析・検証するために設計されています。

航空機は加速度や姿勢の変化が大きいのが特徴です。燃料システムライブラリは、燃料と空気の混合物に対するこれらの効果を考慮したシミュレーション結果を提供し、双方向の流れを完全にサポートします。

燃料システムライブラリは、欧州の機体メーカーと協力して数年前からモデロン社内で開発されてきましたが、バージョン 3.1 からは製品として市場にて取り扱いが可能となりました。現在では、産業界のコラボレーション展開によって強化されたライブラリを、すぐに提供できるようになりました。

モデルは、数値的にロバストであり、大規模な複雑システムを扱うことができるように設計されています。コンポーネントモデルには、エジェクター、ポンプ、タンク、バルブ、配管などがあります。

リリース情報
製品シート
燃料システム設計。特定の運転状態でタンクシステムに燃料を充填したときのタンクシステムの挙動を検証する。
お問い合わせ

燃料システムライブラリ の利点

  • ユーザ定義のシステム・アーキテクチャを柔軟に組み合わせて、効率的なモデル管理を実現
  • 重力や加速度を任意に設定できる形状モデルにより、フライトエンベロープ全体を正確に予測可能
  • HIL (Hardware-In-the-Loop) を可能にするリアルタイム対応の高性能モデル
  • あらゆる操作条件をカバーする双方向フローに完全対応
  • 空気と燃料の混合物の特性を効率的に表現し、大規模な複合システムのロバストで高速なシミュレーションを可能にする
  • 高速なシミュレーションと適正な複雑さのための、熱効果のオン/オフ切替など、忠実なモデル構成が可能

燃料システムライブラリ の適用事例


燃料システムライブラリは、重要な状況で操縦性を実現するロバストな 燃料システム を確保するためのシステムおよび制御設計を検証するために、産業界で導入されています。

適用事例は以下の通りです。

  • 燃料システム設計
  • 制御システム検証
  • 重要なコンポーネントの検証:燃料システムが、様々な飛行条件や操縦、ま機器の故障時にエンジンへの燃料供給を確実に行うための十分なロバスト性を備えているかを検証
  • 配管や機器への圧力や熱の影響のライフサイクルアセスメント

REQUEST INFORMATION

  • *Field required