Modelica ベースの 電力システムライブラリ (Electric Power Library) は、三相交流 (abc 、 dq0 、 dq) や単相交流、直流などの 電力システム の効率的なモデリング、シミュレーション、解析に最適です。モデルは、シミュレーションと初期化のために、定常状態と過渡状態の両方で使用することができます。

本ライブラリのコンポーネントは、熱および機械領域への標準インターフェイスを提供し、電力やアクチュエーションを表現するために他のライブラリと容易に組み合わせることができます。発電所や鉄道車両などの領域で応用可能です。

リリース情報
製品シート
お問い合わせ

電力システムライブラリ の利点

  • マルチドメイン機能を提供:パワーエレクトロニクス、メカニクス、熱力学を同じツールで捉えることができ、時間の節約とモデリングの簡素化が可能
  • 実世界のシナリオを反映した過状態と定常状態(電気の部分のみ)のシミュレーションが可能
  • 様々なアプリケーション領域に容易に統合可能
  • 設計の初期段階でシステム挙動のシミュレーションが重要な制御設計アプリケーションに最適

電力システムライブラリ の適用事例


スマートグリッド

Dymola と Modelica ライブラリは、スマートグリッドの課題を解決するために、より優れた設計、優れたパフォーマンス、そして大幅なコスト削減を可能にします。

風力発電所とパワーグリッドの相互作用

Dymola のマルチドメイン機能により、ユーザは風力発電システムに関連するすべての物理現象を捉えることができます。 Modelica の柔軟性により、ローターの力学からパワーグリッドに至るまで、システムのイノベーション、設計、テストを迅速に行うことができます。

モデルベースによる地絡事故の再現

第 10 回 Modelica 国際会議 (the 10th International Modelica Conference) で発表された研究論文では、 Lønnestad 放射状系統 (Lønnestad radial) を単独運転に移行する際のシステムダイナミクスを研究しています。研究論文はこちら

REQUEST INFORMATION

  • *Field required