Modelicaの電力システムライブラリを利用することで、電力システムの効率的なモデリング、シミュレーション、そして分析を取り扱うことができます。このライブラリの中には、三相交流(abc、dp0、rst) や一相交流や直流のシステムが含まれています。定常状態と非定常状態の両方でシミュレーション解析が可能です。

ライブラリのコンポーネントは熱や機械のドメインの標準インターフェイスを提供しています。そして、それらを他のライブラリのものと組み合わせることにより電力と動作を表現することができます。発電所や電車などの領域で応用可能です。

リリース情報
製品シート

利点

  • マルチドメイン:電力機械と熱ダイナミクスを同じツールの中で捉えることで、モデリング作業の単純化と時間の節約
  • 過渡期と定常状態(電気の部分のみ)の現実世界を反映したシミュレーション
  • 様々な応用領域に対応
  • 制御設計の応用:設計段階の初期におけるシステム挙動の模擬実験が可能

適用事例

スマートグリッド

DymolaとModelicaライブラリを使うことで、スマートグリッドの要求に対応するための、より優れた設計、優れたパフォーマンス、大幅なコスト削減が実現できます。

風力発電所-送電網の相互作用

Dymolaのマルチドメイン機能により、お客様は風力発電システムのすべての関連する物理現象を捉える/とらえることができます。TModelicaの柔軟性は、ローターメカニクス/の力学から電源グリッドまでのシステムの迅速なイノベーション、設計、テストが可能になります。

モデルベースによる地絡事故の復旧

第10回International Modelica Conferenceの研究論文で、Lønnestad放射状系統を単独運転に移行する際のシステムダイナミクスに関する研究が発表されています。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required