Modelicaの空調ライブラリは、自動車の空調システム開発において、設計の初期の段階で分析や最適化を行うために利用されています。

冷凍サイクルのテンプレートと標準ではない構造までもモデリングすることのできる幅広い部品のセットが用意されています。

既定義の定常状態における模擬実験やMicrosoft Excelへのインターフェースにより、設計や部品の設定を調整し検証するために模擬実験することができます。動的システムのモデルは、チャージ最適化と制御設計の研究のための手段を提供します。

空調ライブラリは、電力バッテリーやパワートレインのライブラリを併せて利用することにより、従来の車両に加えハイブリッドの車両でのエネルギー管理設計へと組み込むことができます。

リリース情報
製品シート
空調ライブラリはModelonの製品であり、パートナーとの協力によって世界中に届けられています。
熱ポンプモデルのダイアグラム。空調ライブラリは、詳細に記述され柔軟に設定できる部品郡が用意されており、多種の冷却剤を組み合わせて利用できます。

利点

  • 一つのモデルで過渡期と定常状態のシミュレーションが可能。時間・資源の節約
  • カスタムニーズに合うように柔軟性がある使いやすいテンプレート
  • ソースコードにアクセスすることで、最新技術のA/Cモデルを特殊なニーズのために利用することが可能
  • 広範な種類の冷却材が用意されており、高精度なモデリングとシミュレーションが可能
  • Modelicaオープンスタンダードに基づき、モデルの再利用および他のライブラリとの容易な併用が可能

適用事例

空調システム設計

空調ライブラリは、自動車・航空宇宙産業における空調システム設計および仮想プロトタイプ作成のための実績のあるツールです。コンポーネントは新しいシステムを構築しテストするために迅速に組み立てたり、置き換えたりすることが可能です。その後の制御ロジックは、Modelicaあるいはお客様のお好みのツールを使用して開発することができます。

システムおよびコンポーネントの評価

空調ライブラリを使用してキャリブレーションされた構築モデルは、システムとコンポーネントの評価のための新しい機会を提供します。バーチャル実験によって、システムの理解を深めるだけでなく、試験装置での計測が困難な現象やコンポーネントの相互作用について考察できるようになります。

キャビンクールダウンシミュレーション

空調モデルは動的シミュレーション用に設計されています。客室を迅速にクールダウンするときの空調システムの過渡的な挙動を調べることができます。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required