JMODELICA.ORG

モデロンは JModelica.org の取扱いについて次のように変更しました: AssimuloPyFMIFMI Library を github に移されます。 Modelica コンパイラと最適化機能を含む JModelica.org プラットフォームの他のすべての部分は開発とサポートを停止いたします。

プラットフォームはオープンソースとして公開されており、商業または学業での使用目的で引き続き利用可能です。

JModelica.org 最終版の公開オープンソースをご希望の場合は、以下のフォームに記入してください。

   

  • *Field required

   

PyFMI

PyFMI は、 FMI (Functional Mock-Up Interface) に準拠してコンパイルされた動的モデルである FMU (Functional Mock-Up Units) を、 Model Exchange や Co-Simulation のためにロードし、相互作用させるためのパッケージです。 詳細はこちら

FMI は、動的シミュレーションモデルをバイナリ形式でツールに依存せずに交換・接続するための標準インターフェース仕様です。 Dymola 、 JModelica.org 、 OpenModelica 、 SimulationX などのいくつかの産業シミュレーションプラットフォームは FMU のエクスポートをサポートしています。対応ツールについてはこちら。 PyFMI は、 FMU を操作するための Python インタフェースを提供し、 FMU モデルの読み込み、モデルパラメータの設定、モデル方程式の評価などを行うことができます。

PyFMI は、スタンドアローンパッケージとして、または JModelica.org のディストリビューションの一部として提供されています。 PyFMI と Pythonシミュレーションパッケージ Assimulo を併用することで、 FMU の産業用途のシミュレーション機能が Python に追加されます。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required