FMI Toolbox for MATLAB/Simulink は、 MATLAB/Simulink を用いたシステム設計・サイジングから最適化、 MIL/SIL/HIL 検証、妥当性確認テストまで、仮想プロトタイプ試作のための制御システム開発およびシステム統合の主要なワークフローに対応しています。追加モジュールの FMIT Coder Add-on は、 Simulink から FMU のエクスポート、 Simulink Coder ターゲットへの FMU のインポートを可能にする広範なサポートを提供しています。

本製品の最新バージョンに関連する主な機能と特徴は以下の通りです。

FMU を Simulink へインポート

  • 100 種類以上のツールのシミュレーションモデルをお手持ちの Simulink ワークフローへ統合
  • 柔軟で直感的なグラフィカルインターフェースを備えた Simulink FMU ブロック:パラメータの設定、ブロック出力の選択、シミュレーションオプションの設定、アイコンの追加、入出力用の Simulink バスの作成により、多数の信号を持つ FMU の管理が可能
  • スクリプトを用いた FMU ブロック設定へのアクセスによるワークフローの自動化

必要環境: MATLAB と Simulink

FMU を MATLAB Script へインポート

  • API を介して FMU のシミュレーションを MATLAB でスクリプト化
  • FMU と MATLAB 系コードソルバをつなぐ直観的なインターフェース
  • FMU モデルのシミュレーション・解析のためのカスタムソリューションを作成
  • 入力から出力までの線形化計算、定常計算、DoE 機能による設計空間の探索など、モデル交換 FMU の解析機能。

必要環境: MATLAB 

リリース情報
製品シート
ユーザーガイド
FMU Simulink のユーザーインターフェースでは、パラメータ値や開始値の設定が可能
fmu
FMI Toolbox は、 FMU ブロックの出力を柔軟に設定することが可能
お問い合わせ

MathWorks の製品パートナー

MATLAB/Simulink Partner本製品により、モデロンは MathWorks 連携プログラムのプロダクトパートナーとなりました。このプログラムは、パートナーに新製品のリリース情報を提供し、 MathWorks 製品ラインで設定された標準に準拠した高品質のソリューションを保証するのに役立ちます。

FMI Toolbox for MATLAB/Simulink の適用事例

FMI Toolbox は、 MATLAB/Simulink でのバッチシミュレーション処理、実験計画法 (Doe) 、制御設計、設計検証、検証解析に使用されます。力学、電子工学、熱力学などの幅広い応用領域で効果的に使用することができます。

本製品と Simulink Coder を組み合わせることで、Simulink から FMU を生成し、 dSPACE DS1006 システム上で HIL (Hardware-in-the-Loop) シミュレーションを行うことができます。また、 Modelica モデルを Simscape ブロックと組み合わせて使用することもできます。


Virtual Vehicle キネマティクスとコンプライアンス・テストリグ

このブログでは、 FMI Toolbox for MATLAB/Simulink を使用した仮想テストによる、迅速かつ柔軟な車両開発についてご紹介しています。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required