ModelonのOPTIMICA Compiler Toolkitは、業界で最先端のModelicaベースの数学エンジンであり、モデルベースの設計サイクル全体にわたってシステム挙動の自動化、シミュレーション、最適化を支える強力なソリューションをユーザに提供します。

ModelonのModelicaベースライブラリの主要なコンパイラとして信頼されているOPTIMICAにより、ユーザは数多くのモデル要素から選択して多岐分野の物理システムを構築することができます。OPTIMICAの最先端のソルバを使用することで、複雑な物理システム-過渡シミュレーションだけでなく定常状態の計算や動的最適化のサポート―を評価することが可能になります。精巧な数学エンジンは、モデルを巧みに変換し、簡素化することでパフォーマンスとロバスト性を向上させ、自動車やアクティブセーフティからエネルギー、発電所の最適化に至る様々な業界やアプリケーションに対応しています。

ModelonのOPTIMICA Compiler Toolkitはツールベンダー(OEMライセンシング)にも利用でき、CAEソフトウェア製品に統合可能です。

OPTIMICAはJModelica.orgテクノロジーに基づいています。

リリース情報
OPTIMICA Compiler Toolkitの定常状態ソルバ機能により、複雑な物理モデルでも確実に収束できます。
Request A Demo

利点

  • 実装: OPTIMICAの強力なアプリケーションインターフェース(API)とOPTIMICAのエキスパートによる効率的且つ信頼性の高い実装を実現
  • コンプライアンス:モデロンの業界をリードするライブラリ、Modelica標準ライブラリ(Modelica standard Library 3.2.2)、およびFMI(v 1.0およびv 2.0)標準に準拠
  • パフォーマンス:モデルの挙動にに対し、ロバスト性が高く正確で効率的な計算のための最先端のソルバ
  • 解析範囲:過渡や定常状態の解析、動的最適化に対応するソルバ
  • 最適化された統合:モデロンのFMI Tooblox for MATLAB®/Simulink、PyFMI(Python)による主要なエンジニアリング環境にシームレスな統合
  • カスタムワークフロー:エンジニアリング設計アプリケーションの開発のために、カスタマイズされた自動エンジニアリング設計ワークフローへのシームレスな統合

摘要事例

発電所の最適化

昨今のエネルギー市場における電力調整に対する更なる必要性を満たすためには、火力発電所の起動最適化が業界において重要なニーズです。OPTIMICA Compiler Toolkitに実装されたモデル予測制御は、褐炭焚きボイラと複合サイクル発電所の起動プロセス最適化に適用されます。

最適化により、ボイラの重要部品の寿命を左右する熱や機械の応力の限界値内で起動時間を短縮できます。

熱供給

お客様の暖房需要は終日に渡って変化し、また生産ユニットにおいて生産量や起動・停止のコストが異なるため、地域熱供給システムの生産計画は重要です。

OPTIMICA Compiler Toolkitは小規模から中規模の地域熱システム向けの熱・電気の最適な生産スキームを見出すために混合整数線形計画法ソルバとの組み合わせで使用されます。最適化されたスキームは、熱供給システムのロバスト性を維持しながら削減を実証します。

車両トラジェクトリ(軌道)の最適化

OPTIMICA Compiler Toolkitは、車両トラジェクトリの最適化にも使用されています。車両の操縦を最適化することにより、さまざまなアクチュエータオプション、アクチュエータの性能制限、および環境パラメータ(路面摩擦など)の結果を評価できます。

望ましいユースケースに最適なアクチュエータを選択する有益な見識と、コントローラを調整するのにも役立つパフォーマンスベンチマークを提供します。

これらのすべての機能は、車両のアクティブセーフティに貢献します。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required