< Back to News & Blog

Modelon 2022.1版リリース

Johan Windahl February 21, 2022

クラウド利用に対応したシステムシミュレーションプラットフォームであるModelon Impactのリリース以降、私たちは継続的に生産性と操作性の改善を実施して参りました。それらは本2022.1リリースに反映され、さらに強力なシステムシミュレーションの実行が可能になりました。今回のリリースには、Modelon Help Center、ワークスペース構成管理、クイックスタートサンプルモデルも含まれています。現在そして未来のModelon Impact ユーザーに向けた注目すべき新機能を以下でご紹介します。

既にお客様であり、Modelon Impact 2022.1リリースに関する詳細情報をお探しですか?その場合には、新しくオープンしたModelon Help Centerにアクセスしてください。

 

オンプレミス版 Modelon Impact

アクセスのし易さ、コラボレーションの活性化、生産性の改善をご希望ですか?オンプレミス版Modelon Impactでは、デスクトップ版で利用できる範囲以上の強力な機能を提供します。

モデルリポジトリの共有

バージョン管理されたリポジトリ(=データベース)により、コラボレーションが促進します。リポジトリ上で作成、共有そしてアクセスしたモデルやデータが、チーム内で共有できるようになります。

 

ワークスペースの構成管理

必要なツールを用意するための、個人ワークスペースに対する構成管理が可能になります。弊社のModelicaベースのライブラリをワークスペースにドラッグ&ドロップし、必要なコンポーネントへのアクセスを高速化できます。

Configuring Libraries

 

クイックスタート用業界サンプルモデル

対象のシステムをどこからモデリングすべきか悩んでいませんか? 各業界に精通した弊社のエキスパートが構築した、産業エリア毎のサンプルモデルをご紹介します。エネルギー、自動車、そして航空業界で頻繁に利用されるシステムモデルを試用することができ、必要があればワークスペースにコピーすることで内容の修正も可能になります。

Quick Start Industry Examples

 

 

診断機能の改善

Modelon Impactでのモデル構築並びにシミュレーション時の診断機能についても、著しい強化が行われました。シミュレーションやコンパイル時のログを表示した状態で、モデルに対する確認や修正ができるようになりました。

Integrate Log Viewer

Modelon Impactで表示されるエラーメッセージにも機能改善が図られ、より短時間で問題が解決できるようになりました。コンパイルの失敗の際には、エラーメッセージ内に発生個所へのリンク並びにそのソースコード内の問題個所が表示されます。

Compilation failed for workspace example

図1: ソースコード内のエラー箇所に対するピンポイント表示

オンラインでModelon Help Centerがオープン

Modelon Help Centerには、「Getting Started」、「How-to」、「Tutorial」をはじめとした広範囲なサポート関連の情報が用意されています。本機能により、誰もが他に頼ることなく必要な情報が得られ、よくある質問に対する答えを見つけることもできるようになりました。

また、Modelon Help Centerには各リリースにおける詳細な情報も記載されています。今回のModelon Impact 2022.1リリースに関する詳細情報も、ここで確認が可能です。

個別でのサポートが必要な方は、support@modelon.comにお問い合わせください。

 

SVNGITを利用したプロジェクトの連携

SVNやGitを普段から利用されている方への朗報です!Modelon ImpactはSVNやGitと簡単に連携できるようになり、それらを介してバージョン管理されたModelica モデルやライブラリをワークスペースで利用できるようになりました。Modelica ベースの技術を利用した業務においても、その変更を簡単に追跡したり更新を取得できるようになり、チームメンバーと協調して仕事を進めることができます。

 
 

もうメール登録はお済みですか?私たちは常に製品の改良を行っており、お客様にいち早くお知らせしたいと考えています。ぜひこの機会にメーリングリストに登録してください!

メーリングリストに登録

Request Information

  • *Field required