水力発電ライブラリ (Hydro Power Library) は、 水力発電 所の運転をモデリング、シミュレーションするためのフレームワークを提供しており、ユーザはコンセプト設計の初期段階で複数のプラント設計とその動的挙動を検討することができます。

このライブラリでは、実際の運用に即した最適なパフォーマンスを得るためのテストおよびチューニング環境を完備しています。また、スタートアップや負荷遮断時などの過渡的な動作をシミュレーションし、制御システムがそれらのシナリオを適切に処理しているかどうかを検証するのにも最適です。

リリース情報
製品シート
お問い合わせ

水力発電ライブラリ の利点

  • ドラッグ&ドロップ式のインターフェースにより、直感的に素早くプラントモデルを設定可能
  • Modelica のオープンスタンダードに基づき、油圧・電気モデルの統合を容易に実現
  • 試運転や手順を仮想環境で設定できるため、不測の事態のリスクを軽減し、実際のプラントでのコストやリスクの高いテストを最小限に抑えることができる
  • 1 つのモデルで動的な挙動と定常的な挙動の両方をシミュレーションできる、効率性と柔軟性が向上

水力発電ライブラリ の適用事例


水力発電ライブラリは、水路の力学解析や、共通の水圧鉄管に接続された複数のタービンの解析など、多くの 水力発電 所の設計アプリケーションに役立つツールです。

その他の適用事例は次のとおりです。

  • 計画立案:試運転や手順をシミュレーションすることで、不測の事態のリスクを軽減し、実際の計画で行われるコストのかかるテストを最小限に抑えることができます。
  • 制御システムの検証:水力発電ライブラリは、プラントコントローラのテストとチューニングのための完全な環境を提供します。負荷遮断など、プラントの過酷な使用条件での制御システムの検証にも使用できます。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required