燃料電池ライブラリ (Fuel Cell Library) は、 燃料電池 の設計や操作、特に PEMFC  (固体高分子形燃料電池) や SOFC (固体酸化物形燃料電池) といった 燃料電池システム のモデリング、シミュレーション、解析、制御設計にご利用いただけます。

コンポーネント、サブシステム、テンプレート、媒体など、 燃料電池システム を研究、設計、構成するために必要な要素が含まれています。

ツールの柔軟性、拡張されたコード、 GUI 、実装された複数の例などにより、燃料電池ライブラリは簡単に使い始めることができ、幅広いアプリケーションでご利用いただけます。

リリース情報
製品シート
5kW 固体酸化物形燃料 電池システム
天然ガスの前処理を伴う 5kW 固体酸化物形燃料 電池システム 。
上の図では、天然ガス、水、空気が燃料前処理系に供給され、これらの成分が混合され、予熱され、 SOFC スタックの燃料として適した合成ガスに変えられます。改質された合成ガスは 5kW の SOFC スタックの陰極側に供給され、熱風は陽極側に供給されます。この例では、スタックには 50 のセルを伴う 3 つの下位スタック(サブパック)があります。各サブパックの陰極チャネルでは、より多くの水素ガスが発生するように改質反応が起こります。水素はセルの膜の中で酸素と反応し、スタックに電流が流れます。
お問い合わせ

燃料電池ライブラリ の利点

  • システムやコンポーネントの設計とシミュレーションが同じライブラリに集約されており、ワークフローに優れている
  • あらゆる 燃料電池 のアプリケーション領域での使い勝手の良さ
  • 過渡解析や制御設計に最適
  • 改質やその他の媒体の取り扱いが可能
  • Modelica のオープンスタンダードに基づいており、モデルの再利用や他のライブラリとの容易な統合
  • リアルタイムシミュレーションにも対応(例: HIL リグ)

燃料電池ライブラリ の適用事例


Modelica ベースの燃料電池ライブラリは、メーカー、運営会社、コンサルタント会社、大学など、燃料電池スタックや PEMFC および SOFC システムを扱うすべての業界や学界にとって有用なツールです。

主な適用事例は次のとおりです。

  • 発電
  • 自動車(APU)
  • リアルタイムアプリケーション
  • 航空宇宙および住宅などの他のアプリケーション

典型的な課題として、システム設計、制御システムの検証 (HIL/SIL)、反応や起動シーケンスによる高速なダイナミクスが挙げられます。

これらの課題に対し、燃料電池ライブラリでは詳細なシステムモデリングやリアルタイムシミュレーションが可能です。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required