Modelicaの燃料電池ライブラリは燃料電池のモデリング、シミュレーション、解析、制御設計に利用されています。プロトン交換膜燃料電池(PEMFC)や固体酸化物形燃料電池(SOFC)のシステムの設計に優れています。

研究やシステム設計に欠かすことのできないコンポーネントが含まれています。

このツールの柔軟性と拡張されたコード、そしてライブラリに実装された複数の例があるので、広い範囲で利用し始めることができます。

リリース情報
製品シート
天然ガスの前処理を伴う5kW固体酸化物燃料電池システム
上図では、天然ガス、水、そして空気が燃料前処理系に供給されます。そこで各要素は混合され、予熱され、SOFCスタックに適した合成ガスに変えられます。この合成ガスは5kWのSOFCスタックの陰極側に送られ、一方で、熱せられた空気が陽極側に送られます。ここでのスタックは50のセルを伴う3つの下位スタックを含んでいます。多くの水素ガスが発生するように各々の下位スタックの陰極チャネルで改質反応が起こります。水素と酸素は電池膜中で反応し電流が生じます。

利点

  • システムとコンポーネントの設計を同一のツールを使って効率よく集中して行う
  • 燃料電池が適用されるあらゆる領域で容易に使用可能
  • 過渡分析および制御設計に最適
  • 改質やその他の媒体の取り扱いが可能
  • Modelicaオープンスタンダードに基くモデルの再利用および他のライブラリとの容易な統合
  • リアルタイムシミュレーション(例:HILリグ)

適用事例

Modelicaの燃料電池ライブラリは、燃料電池スタックやPEMFCおよびSOFCシステムを扱うメーカー・運営会社・コンサルタント会社・大学などのすべての組織にとって有用なツールです。

主な適用事例は次のとおりです。

  • 発電
  • 自動車(APU)
  • リアルタイムアプリケーション
  • 航空宇宙および住宅などの他のアプリケーション

典型的な課題として、システム設計、制御システム検証(HIL/SIL)、反応や起動順序による高速ダイナミクスが挙げられます。

これらの課題に対し、燃料電池ライブラリでは詳細なシステムモデリングとリアルタイムシミュレーションの両方が可能です。

REQUEST INFORMATION

  • *Field required