モデロンの環境制御ライブラリ (Environmental Control Library) は飛行機の環境制御システムについての分析と設計のためのModelicaライブラリです。エネルギー消費や乗客・乗務員に快適なレベルの温度管理を設計・研究するためのものです。

湿度や温度など取り巻く環境の大きな変化に依存した性能を考えます。環境制御ライブラリによって提供されるモデルは、これらの効果を第一原理と双方向流れによって解くことができます。

環境制御ライブラリは、ヨーロッパの機体製造業者とモデロンが長年の間協力して開発してきたものです。現在では、この分野でも産業連携を行うことができます。

このライブラリは大規模複合システムに適しており、ロバストな数値計算を効率的に行うことができます。部品モデルとして、熱交換器、コンプレッサー、タービン、排出器、ジェットポンプ、水セパレーター、バルブ、客室、パイプなどがあります。

リリース情報
製品シート
空調性能評価。
エンジンからのブリード空気は、一次熱交換器に導かれ、周囲のラム空気で冷却される。空気は圧縮され、主熱交換器または副熱交換器でさらに冷却される。高圧水分離ループは自由水分の抽出を可能にします。
Request A Demo

利点

  • お客様定義のシステムアーキテクチャを実現可能な柔軟な構成による効率的にモデル管理
  • リアルタイムの高性能モデルによるHardware-In-the-Loop (HIL) への応用
  • 陸上とフライト中の操作のあらゆるモードの分析のための二方向流れをフルサポート
  • 湿気のある空気を効率的にモデル化することにより大規模システムのロバスト性と高速シミュレーションが可能
  • システムの挙動を直観的に理解するためにシミュレーション結果をオンラインで可視化
  • 適正な複雑さの水準で忠実度高く構成でき、より早くシミュレーション可能なモデル

適用事例

環境制御ライブラリは、業界ではシステム性能評価と制御システム設計において成功裏に使用されています。

このモデルを使用して、結果として得られるシステムが空調およびすべての航空機の熱負荷への補助冷却に対し、どのように空気をロバストに供給するかを検証します。適用事例は以下の通りです。

  • 抽気あり/無しのアーキテクチャの設計と評価
  • 制御システム検証
  • 機体全体の熱管理
  • クリティカルな成分の検証-高圧除湿ループでの十分な水分除去を検証

Feature News & Blog

定常解析と動的シミュレーション:その違いは?

March 3, 2021

モデロンのClément Coïc(Senior Simulation Engineer)が定常解析と動的シミュレーションの違いについてご紹介します。

Read More

CO2排出量を削減するための航空機システムシミュレーション

January 12, 2021

航空機システムのシミュレーションに焦点を当てたモデロンの革新的なソフトウェアは、ブースト・ターボファンのコンセプトを使用することにより、航空機の二酸化炭素排出量を削減することを可能にしました。

Read More

バッテリモデル:電気自動車におけるリチウムイオンバッテリ性能の劣化予測

December 17, 2020

Rimac社がモデロン製電動化ライブラリを使用した的確なバッテリのモデル化についてご紹介します。この実証済みモデルベースのアプローチにより、他のシミュレーション目的ですでに検証されている電気・熱ダイナミクスモデルに劣化モデルを簡単に追加できます。

Read More

MODELON製ソフトウェア最新リリース(2020.2)

November 1, 2020

モデロンは、Modelon ライブラリスイート製品の2020.2バージョンをリリースいたしました。弊社または販売代理店経由で最新版を入手いただけます。

Read More

REQUEST INFORMATION

  • *Field required