エンジンダイナミクスライブラリ (Engine Dynamics Library) は、 エンジン 、吸気・排気の流路、インタークーラー、ターボチャージャー、 EGR ループ(排気ガス再循環)など、 エンジンシステム のモデリング、シミュレーション、解析に使用されます。圧力や空気と排気ガスの完全な交換における熱力学を明示的にモデル化しています。また、ターボチャージャーや EGR の構成をモデル化することができ、可変ジオメトリーターボ設計も可能です。エンジンダイナミクスライブラリは、エンジンの過渡応答や関連するエンジン制御に使用されるモデルの作成に適しています。

エンジンダイナミクスライブラリの代表的な用途は、制御設計、過渡期のエンジン性能の解析、過渡期のエミッションの研究などが挙げられます。このライブラリは、ディーゼル車の後処理システムを含む エンジンシステム 全体のモデルと制御設計開発のために産業界で有効に活用されています。

リリース情報
製品シート
エンジンダイナミクスライブラリはモデロンの製品です。弊社および世界各地のパートナー企業を通じて販売されています。
エンジンシステム のダイアグラム
冷却された排気ガス再循環 (EGR) を備えたターボチャージャー付きエンジンの Modelica ダイアグラム。このモデルの動特性は、体積の大きさ、シリンダフライホイールとターボシステムの慣性モーメント、シリンダブロックとコンポーネントの壁の熱容量によって決まります。
お問い合わせ

エンジンダイナミクスライブラリ の利点

  • マルチドメイン:同一のツール上で、流体力学・熱力学・力学を捉えることが可能
  • 空気・排気ガスの交換ダイナミクス
  • 制御設計に適している
  • エンジンシステム 全体のテンプレートを簡単に使用でき、ニーズに合わせて拡張・適応が可能

エンジンダイナミクスライブラリ の適用事例


エンジンダイナミクスライブラリは、エンジンと後処理システムからなる完全なエンジンユニットの多変数制御システム開発するために、産業界に導入され、その効果を発揮しています。事例論文はこちら

エンジンダイナミクスライブラリで開発されたモデルは、 FMI 技術を使用して簡単にエクスポートでき、 Simulink や HIL (Hardware-In-The-Loop) アプリケーションに使用できます。

適用事例は次のとおりです。

  • 制御システムの開発
  • エンジンシステムの SIL (Software-In-the-Loop) または MIL (Model-In-the-Loop) インフラストラクチャ
  • ECU の HIL 検証
  • 過渡的触媒と後処理の境界条件を検討するための排気ガス温度のモデリング
  • ハイブリッド車に最適なシステムワイドな複合領域にまたがるモデリングとエネルギー管理

REQUEST INFORMATION

  • *Field required