エンジン・ダイナミクス・ライブラリは、燃焼エンジンのモデリングとシミュレーション、そして分析に利用されています。吸吸気/排気の流路、中間冷却機、ターボチャージャー、EGRループなど領域は多岐にわたります。圧力や空気と排気ガスの交換における熱力学的挙動は明確にモデリングできます。ターボチャージャーや排気再循環の構成についても、構造を変えることのできるタービンの設計をしつつモデリングできます。エンジン・ダイナミクス・ライブラリは、過渡期のエンジン応答やそれに関連した制御についてモデルを構築するのに適しています。

エンジン・ダイナミクス・ライブラリの典型的な応用として、制御設計、過渡期のエンジン性能についての分析、過渡期のエミッションについての研究などが挙げられます。このライブラリは、ディーゼル後処理を含む完全なエンジンシステムのモデル化と制御設計のために産業界で有効に活用されています。

リリース情報
製品シート
エンジン・ダイナミクス・ライブラリはModelonの製品であり、パートナーとの協力によって世界中に届けられています。
冷却排気ガス再循環を伴うターボチャージャー付きエンジンのModelicaダイアグラム。このモデルの挙動は、体積、ターボシステムとフライホイールの慣性モーメント、そして、シリンダブロックと部品の壁の熱容量によって決まります。
Request A Demo

利点

  • マルチドメイン:同一のツール上で、流体力学・熱力学・力学を捉えることが可能
  • 空気・排気ガスの交換ダイナミクス
  • 制御設計に適切
  • カスタムニーズに合わせて拡張して適用できる完全なエンジンシステムの使いやすいテンプレート

適用事例

エンジン・ダイナミクス・ライブラリは、エンジンおよび後処理システムの両方から構成される完全なエンジンユニットの多変数制御システム開発のため業界に導入され、効果を発揮しています。事例論文はこちら

エンジン・ダイナミクス・ライブラリで開発されたモデルは、FMI技術を使用してSimulinkやHIL(Hardware-In-The-Loop)アプリケーションに簡単にエクスポートすることができます。

適用事例は次のとおりです。

  • 制御システムの開発
  • エンジンシステムのSIL(Software-In-the-Loop)またはMIL(Model-In-the-Loop)インフラストラクチャ
  • ECUのHIL検証
  • 過渡的触媒/後処理境界条件の調査のための排ガス温度のモデル化
  • ハイブリッド車に最適なシステム全体の複合領域にまたがるモデリングとエネルギー管理

REQUEST INFORMATION

  • *Field required