自動車産業2019-03-05T06:30:35+00:00

世界的大手自動車会社はF1レーシングカーの性能向上から大型車両の燃料消費量の削減まで、Modelonの製品と専門知識を広い範囲のアプリケーションで利用しています。Modelonは、以下の産業分野でお客様に付加価値を提供しています:

  • 乗用車と軽トラック
  • レースカー
  • オートバイ
  • 自動車業界のサプライヤー
  • トラック・バス
  • 電車などの他の交通機関
自動車産業サービスソリューションの紹介 (PDF)

適用事例

アクティブセーフティとリミット処理

先進運転者支援システム(ADAS)が車両ダイナミクスに与える影響を、シミュレーションと検証により再現・予測する技術を応用してきた実績があり、包括的な理解とノウハウを蓄積しています。Modelonのエンジニアは、車両ダイナミクスライブラリに基づいたモデルを提供するだけでなく、自動車OEM(委託者ブランド名製造)へのサポートやトレーニングを世界中で行います。

モータースポーツ

モータースポーツでの勝利はドライバーのスキルとチームの力に依ることはもちろんのことですが、それに加えて構成管理は決定的な要因となります。ドライバー、競争相手、路上や天候の条件に対して、車両が最高のパフォーマンスを発揮できるように構成を決める必要があるのです。

リアルタイムシミュレーター

Driver-in-the-loop (DIL) シミュレーションはF1チームとNASCAR業者たちの間では広く使われています。そして、自動車 OEM や タイヤ 一次サプライヤーたちの間にも広まりつつあります。車両ダイナミクスライブラリを利用することにより、150以上の自由度を考慮した車両モデルを driver-in-the-loop シミュレーターにおいて展開することができます。サスペンションは詳細にモデル化されており、軸受筒やそのほかの変形可能なコンポーネントが含まれています。

車両の熱管理

自動車産業の設計エンジニアは、しばしば物理系と制御系が複雑に絡み合うマルチドメインの課題に挑むことになります。その中でも特に、車両の熱管理は大きな問題です。客室やエンジン、その他の部分の熱管理は終わりのない燃費研究と関係があります。自動車エンジニアは、DymolaやModelicaライブラリを使ったモデルベース・システム開発エンジニアリング(MBSE)の手法により大きな利益を得ることができます。

ハイブリッド車と未来の車両

Modelonは、例えばトヨタのような企業がDymolaと車両ダイナミクスライブラリを利用して、未来の車両の概念を創り出す支援をしています。

トヨタの新しい個人用移動車は、従来のものとは全く異なるコンセプトに基づいていますが、その開発にはモデルベースの設計アプローチが欠かせませんでした。 必要なモデルは、車両ダイナミクスライブラリを基礎として造られ、原物に忠実に各部分が複合的に組み合わさっている形式で表現されていると同時に制御設計のツールチェーンにきちんと統合されます。同じモデルは、サスペンションや制御システムの設計やその影響など、検討するコンセプトについて挙動を予測・検討するために利用されます。

Modelica Delft-Tyre インターフェースによるタイヤのモデリングとシミュレーション

Modelica のDelft-Tyre インターフェースでは、TNOによる工業標準のタイヤモデルをModelicaのツールで利用することができます。

このインターフェースは、車両ダイナミクスと操作の分析において広く妥当性が認められている MF-Tyre と MF-Swift モデルを利用したものであり、Delft-Tyreのバージョン6.2.0.3 と互換性があります。

マルチドメイン車両ダイナミクスシミュレーション

未来の自動車は、バッテリー電気とハイブリッド電気による駆動となることが予測されています。操縦とブレーキシステムのようなサブシステムは、益々、電力供給に基づいたものとなってゆくことでしょう。これにより、車両ダイナミクスの領域では新しく挑戦すべき機械が生じます。

Modelonは、アウディなどの自動車メーカーにツールとサービスを提供し、マルチドメインの車両ダイナミクスモデルに電気装置や制御システムのモデルを組み合わせて活用するための支援をしています。

事例研究

RIMAC社のフルオートシミュレーションへの挑戦

クロアチアの自動車技術を牽引するRimacは、マルチフィジックスパワートレインシステムの評価に、より効率的で柔軟な方法を必要としていました。この新しい研究事例から、Rimac社がModelonの電動化ライブラリを使用してどのように電動パワートレイン、バッテリモデリング、フルビークルシステムシミュレーションのニーズを満たしたかを学ぶことができます。

“Modelon社のライブラリにより、我々は初期のシステム設計に更に自信を持ち、これまで以上に迅速にシミュレーションを構築し実行することができます。以前は手動による定常分析を適用していましたが、現在はフルシミュレーションを実行し、より多くの洞察を得ることができるようになり、Rimac Automobiliの新たな可能性が広がりました。”
– Kruno Hrvatinić,
Head of Control and Simulation at Rimac
Technology
事例研究を読む

事例研究

Volvo社でのアクティブセーフティ研究

Volvo Car CorporationRoyal Institute of Technologyとの共同研究開発では、車両の操縦ダイナミクスの新規制御法による潜在的な性能と安全性の評価のためにModelonのソリューションが活用されてきました。

この共同研究開発では、2種類のModelicaモデルが使用されました。一つは、XC90の完全なマルチボディ表現モデルであり、シミュレーションを通して設計が評価されました。また、実験データとの検証もなされています。これは、車両ダイナミクスライブラリに実装されています。このモデルは、各アクチュエータ入力の詳細な応答を提供し、ドライバとコントローラの動作の高精度応答を評価することができます。

もう一つは、ダイナミクス最適化を目的としたモデルです。OPTIMICA Compiler Toolkitツールを使うことによって、Modelicaモデルは最先端の最適化ソルバーを利用するコードへとコンパイルされます。この方法によって、研究者は最適のトラジェクトリーと各車両機構における制御出力を発見することができます。妥当な車両機構を利用すれば望みのパフォーマンスを持つものを早期に査定することができます。

Automotive

Learn More

Industrial Equipment

Learn More

Aerospace

Learn More

Energy & Process

Learn More

Academia & Research

Learn More
“パラメーターの変更が車両に対してどのように影響してくるのかを理解することで、安全性の改善に向けて、センサー、推定装置、制御装置を効率的に適用することができます。”

Bengt Jacobson - Technical Specialist, Vehicle Control Architecture, Volvo Cars

関連ニュース&ブログ

WEBINAR: システムシミュレーションでの車両電動化

Undated

Increase your productivity and innovation of electric vehicles. Join our webinar on May 28th where Rimac Automobili, an electric hypercar manufacturer, presents how they increase their electrification capabilities and development speed using simulation technology. 

Read More

Modelon製空調ライブラリと蒸気サイクルライブラリを使用したA/Cモデルシミュレーション速度の加速

Undated

This blog provides an introduction of the Spline-Based Table Look-up (SBTL) method as well as a sample use case from Ford Motor Company – who utilized the SBTL refrigerant package to speed up their air conditioning system model simulations.

Read More

事例研究: RIMAC社のフルオートシミュレーションへの挑戦

Undated

Rimac, a Croatia-based automotive technology powerhouse, needed a more efficient and flexible way to evaluate multi-physics powertrain systems. Read their story…

Read More

エネルギー効率が良い車両デザインの進歩

Undated

Vehicle manufacturers have long been working to design and develop vehicles that tout superior fuel economy but are now beginning to shift their perspective to advancing electric vehicles to obtain an increase in overall vehicle energy efficiency.

Read More

REQUEST INFORMATION

  • *Field required