カスタマイズ可能なワークフロー

ユーザは大規模なエンジニアリング目標を達成するためにModelon Impact上でカスタマイズすることができます。複雑度が高い課題に対し、弊社のソリューションは容易に解釈でき、データ駆動型の回答を提供します。クラウドネイティブなアーキテクチャ及びオープンスタンダードなプラットフォームアーキテクチャにより、変化する要望への適応が容易です。しかし、カスタマイズはModelon Impactから価値を得るために必要なことではありません。Modelon Impactには、包括的なモデルと前処理および後処理が標準装備されています。

カスタマイズ可能なビューとワークフロー
Modelon Impactのブラウザネイティブのユーザインターフェイスは、必要な箇所に注意を集中させるようにカスタマイズできます。お気に入りと「スティッキー」パネルを使用したカスタムビューでは、共同編集者と共有するパラメータと関心のある結果が強調して表示されます。Pythonがもつ直接統合機能を利用してUI機能を追加し、前処理タスクと後処理タスクを自動化します。分析はModelon Impact UIに限定されません。Modelon Impactで作成された任意のモデルを取得し、REST APIを介して外部Webアプリケーションに展開し、チームや組織間で共有できるようにします。
More
カスタムモデルコンテンツ
Modelon Impactの包括的なライブラリとコンポーネントのセットは、オープンスタンダードのModelicaに基づいて構築されており、幅広い産業用アプリケーションをカバーしています。これにより、ユーザは必要に応じて、ソースコードを表示・構築したり、独自のModelicaモデルまたはライブラリをインポートしたりすることができます。Modelon Impactはユーザが必要なものを提供しますが、拡張とカスタマイズに制限はありません。 Modelica協会についての詳細はこちらをごらんください。
More

Request A Demo Today!

  • *Field required