二酸化炭素排出量を削減し、気候変動を緩和するために、化石燃料を水素に置き換えることは再生可能エネルギー導入拡大のためには重要なステップとなり得ます。しかし、エネルギー企業が水素燃料技術を導入するには、手元のシステムを最適化できるよう、カスタマイズされた水素対応バーナーやガスタービンが提供可能なコンポーネントメーカーが必要です。本Webinarでは、水素燃料を既存の発電所などに導入する準備に向けたシステムシミュレーションプラットフォームとしてのModelon Impactについてご紹介します。

※本Webinarは基本英語での視聴となりますが、Q&A時間でのご質問は日本語でもお受けいたします(現地スタッフによるサポートあり)。4月15日15:00の回は、Stéphane Velutがライブで質問に回答いたします。

本Webinarの見どころ:

デモの見どころ:以下の課題や検討事項を踏まえながら、既存の天然ガス焚きガスタービンを持続可能な水素ガス焚きガスタービンへ置き換える方法や利点についてご説明します。

  • 従来のアプリケーション ― 水素ガスによる発電機の冷却
  • 水素の燃焼 ― 排気ガス組成、湿度の上昇、二酸化炭素排出ゼロへの影響
  • 排気ガス熱容量の変化 ― 排気ガス中に増加した水分の比熱は、置換された二酸化炭素の二倍以上
  • 燃焼用空気量・排気ガス流量の変化 ― 既存のシステムを変更せずに水素燃料に置き換える場合、出力・タービン入口温度を一定に保つための燃焼用空気量の調整が不可欠。その結果、燃焼用空気量と排気ガス流量が減少。

視聴登録

 

日本:4月15日 3:00 PM JST

※ご都合により当日ご視聴が難しい場合でもぜひご登録ください。ご登録いただいた方には後日、録画をご視聴いただけます。

 

Meet Our Presenters

Stéphane Velut is the Energy & Power Industry Director at Modelon. He holds a Master of Science degree in Electrical Engineering from Institut National Polytechnique de Grenoble and a Ph.D. in Automatic Control from Lund University. Stéphane has more than ten years of experience in model-based systems engineering with a focus on the optimization of energy processes and physical modeling for dynamic simulation.

 

Moritz Hübel is Modelon’s Team Leader Solution Services for Germany. Moritz received his Ph.D. in Technical Thermodynamics from the University of Rostock. He has an extensive background in research and dynamic simulation of thermal power plants as well as energy system simulation.

 

本Webinarに関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

Contact Us