1Dモデルを中心とするモデルベース開発において、モデル作成には専門分野の知識、モデリング言語のスキル、数値計算のノウハウ、時には芸術的な発想など複数の要素が絡んでいるため、モデリング技術を身に着けることはハードルが高いとされています。このような背景の中、昨年第一回目の「システム電動化」をテーマにしたセミナーに続き、Modelon Tech Seminar第二弾として「電気システムの熱モデル」に焦点を置き、先進ユーザの事例紹介、Modelicaモデリング手法の紹介等をオンライン形式で開催することにいたしました。今年は図研テック株式会社から講師もお招きし、電気製品向けのModelicaモデルについてお話いただきます。
新型コロナウイルスの影響により、テレワークの方や遠方の方にも気軽に参加ができるようにしております。本セミナーが現場のエンジニアの方々にとって一助になれば幸いでございます。皆様、ぜひ奮ってご参加ください。

セミナー詳細

  • 日程: 2020年7月29日(水)13:30~17:00
  • 視聴方法: Microsoft Teams Live Event(お申込みいただいた方に後日詳細をお送りいたします)
  • 費用: 無料
  • 対象: 電動化と熱問題に興味のある方、モデリング技術の情報を収集したい方
  • 定員: 100名(事前申込制)
  • 申込方法: 以下のフォームからお申込みください。セキュリティの関係上アクセスが難しい場合は、事務局までお問合せください。

お申し込みはこちら

問い合わせ先:M-Tech Seminar事務局(Email: marketing_japan@modelon.com

Date: July 29, 2020

Location: 日本

お問い合わせ
M-Tech Seminar事務局
marketing_japan@modelon.com

時間 講師 内容  
13:30 – 13:35 モデロン株式会社 – 高 鋭 開会の挨拶
13:35 – 14:10 図研テック株式会社 – 藤田 哲也 Session 1: 電子機器産業向けModelica熱モデルによる熱問題へのアプローチ 概要を表示
14:10 – 14:45 モデロン株式会社 – 若松 直哉 Session 2: 電動化ライブラリによる発熱を伴う電気機器のモデル構築 概要を表示
14:45 – 15:00 休憩
15:00 – 15:35 モデロン株式会社 – 西田 怜美 Session 3: 液体冷却ライブラリによる冷却システムモデルの構築 概要を表示
15:35 – 16:10 モデロン株式会社 – 若松 直哉 Session 4: Modelon社新製品Modelon Impactの概要紹介 概要を表示
16:10 – 16:45 モデロン株式会社 – 高 鋭 Session 5: 電動化車両サーマルシステムモデルのご紹介 概要を表示
16:45 – 17:00 Q&A
17:00 閉会