蒸気サイクル イントロダクション・コース

このコースでは、蒸気サイクル・ライブラリーのイントロダクションと応用範囲、効果的な利用方法について学ぶことができます。便利な部品の使い方とサイクルのシミュレーションのノウハウに加えてニーズに合ったモデルのカスタマイズについて知ることができます。

 

本コースは以下のトピックスをカバーしています。

ライブラリー内容の概要

  • 蒸気サイクル ライブラリーとは
  • 熱流体モデリング
  • 媒質
  • 熱交換器, 流体機械, バルブ, タンク
  • Example uses

ライブラリーで行う作業

  • コンプレッサーとタービンのパラメーター
  • コンポーネント インターフェース
  • モデルの初期化
  • 部品の模擬実験における設定
  • 蒸気サイクル実験の設定
  • サイクル分析と充電実験

モデリングとカスタマイズ

  • 可視化
  • 容積と質量の集約
  • カスタマイズしたバーチャル実験とサイクルの構築
  • ユーザー定義のモデルと相関
  • サイクルの初期化

対象者

このコースは、 蒸気サイクル ライブラリーを包括的に理解し効果的に導入したいお客様を対象としています。Dymola イントロダクション・コース のPart I 程度の知識を前提としています。

登録方法

トレーニング・コースは、計画的に開催されるトレーニング・コースと、お客様の要望に合わせたプライベート・トレーニング・コースがあります。

 

登録、ご質問、アドバイスは セールスチーム までご連絡下さい。ご要望をお聞かせ下さい。