熱交換器ライブラリー イントロダクション・コース

このコースでは、 熱交換器ライブラリーのイントロダクションとライブラリーの内容や応用領域、そして仕様について学ぶことができます。設定、構築、熱交換モデルのキャリブレーションに加えて、大規模システムの中にある熱交換器の効果的な利用方法を知ることができます。

本コースは以下のトピックスをカバーしています。

ライブラリー応用と概要

  • 熱交換器ライブラリーとは?
  • 詳細な構造に基づいた熱交換器
  • フラット チューブ 構造
  • ルーバー付きフィン
  • 流れ方向における液体温度の分布
  • 不均一な空気流れの分布
  • 使い方の例

ライブラリー・コンテンツ

  • 多レイヤーとパス
  • 壁モデル
  • エアサイド インターフェース (2D 離散化コネクター)
  • 空気流れの仮定
  • 簡単な模擬実験 (流入分布を伴う系での熱交換)

ライブラリーの機能

  • 空気の流れ方向へのスタッキング
  • 空気表現の空間的な再サンプリング
  • 熱交換器の外部エッジが合わない場合のスタッキング

対象者

このコースは、熱交換器ライブラリーを包括的に理解し効果的に導入したいお客様を対象としています。Dymola イントロダクション・コース のPart I 程度の知識を前提としています。

登録方法

トレーニング・コースは、計画的に開催されるトレーニング・コースと、お客様の要望に合わせたプライベート・トレーニング・コースがあります。

 

登録、ご質問、アドバイスは セールスチーム までご連絡下さい。ご要望をお聞かせ下さい。