空調ライブラリー イントロダクション・コース

2日間のコースで空調ライブラリーの使い方を学ぶことができます。初日は、空調サイクルに必要な部品のシミュレーションとキャリブレーションの実行ノウハウに焦点を当てます。2日目は、空調サイクルの構築と分析に焦点を当てます。

本コースは以下のトピックスをカバーしています。

空調ライブラリーの概要

  • 熱交換, バルブ, コンプレッサー
  • 部品と模擬実験用のテンプレート
  • 部品モデリングとサブモデルの選択

設定とバーチャル実験

  • Excel インターフェースを使ったモデル・キャリブレーション
  • モデルの初期化
  • Simulink との接続
  • サイクル分析と充電最適化
  • Dymola の最適化パッケージを使った非線形パラメーター探索

モデリングとカスタマイズ

  • カスタマイズした熱交換の構築
  • カスタマイズしたサイクルの構築
  • サイクル初期設定
  • ユーザー定義のモデルと相関の追加

対象者

このコースは、空調ライブラリーを効果的に導入したいお客様を対象としています。Dymola イントロダクション・コース のPart I 程度の知識を前提としています。

登録方法

トレーニング・コースは、計画的に開催されるトレーニング・コースと、お客様の要望に合わせたプライベート・トレーニング・コースがあります。

 

登録、ご質問、アドバイスは セールスチーム までご連絡下さい。ご要望をお聞かせ下さい。


追加情報

Course flyer 

Course overview