FMI イントロダクション・コース

一日のコースにおいて、産業界で幅広く受け入れられている標準である機能モックアップ・インターフェース(FMI)について学ぶことができます。標準の利点とモデルベース開発での分析のための利用方法について説明します。FMIに準拠した数多くのツールがありますが、ここではワークフローを実演し理解していただくことでお客様の可能性が広がります。

 

本コースは以下のトピックスをカバーしています。

導入と背景

  • FMIとは何か? FMIはなぜ必要か?
  • FMI によるモデル流通 (ソルバーを含まない)
  • FMI による実時間シミュレーション(ソルバーを含む)
  • Dymola におけるFMI

ワークフローとソリューション

  • FMI 作業の流れ
  • FMI Toolbox for MATLAB/Simulink
  • FMI 応用事例

FMI を使った分析とキャリブレーション

     

  • FMI を使ったマイクロソフト Excel 上での分析と検証
  • FMI を使った最適化とキャリブレーション

モデル流通と実時間シミュレーション

  • 改善と理解
  • FMU タイプ
  • 間違いやすいこと

 

対象者

このコースは、FMIスタンダードの包括的なイントロダクションをお望みのお客様を対象としています。お客様のニーズとツールに合わせて説明することを検討します。

登録方法

トレーニング・コースは、計画的に開催されるトレーニング・コースと、お客様の要望に合わせたプライベート・トレーニング・コースがあります。

登録、ご質問、アドバイスは 販売担当 までご連絡下さい。ご要望をお聞かせ下さい。


追加情報

Course description 

Course overview