DYMOLA イントロダクション・コース

5日間のコースは Dymola と Modelica によるモデリングとシミュレーションの包括的なイントロダクションを行います。一度にすべて受講して頂くこともできますし、二部に分けて受講して頂くことも可能です。

 このトレーニング・コースは、Dymola と Modelica を最大限にご利用いただくための理解と利用方法をお届けします。各主題はまず初めに特徴に焦点を当てDymola の説明と実演が行われます。演習セッションでは、お客様が実際にDymola を使って練習して頂くことで理解を深めることができます。そこでは、最良の練習となるように、ご自身のモデルライブラリーを構築することになるでしょう。 

コースの終わりでは、ご自身で構築したモデル・ライブラリーと知識・理解を獲得し、このダイナミックなツールを有効利用し始めることができるようになっています。

コースは以下の内容をカバーしています。

  • Modelica 標準ライブラリーを使ったマルチドメイン・モデリング
  • Dymola ユーザー・インターフェース
  • Modelica による物理モデル構築の手法と原則
  • Modelica モデリング言語の基礎
  • 大規模モデルの構築
  • Dymola を使ったモデル開発の良質な練習
  • Modelica 標準ライブラリーの利用
  • カスタマイズしたモデル・ライブラリーの構築
  • Modelica モデル・コンポーネントの作成
  • シミュレーションと線形化
  • モデル・テンプレートを使った作業
  • 離散的なイベントを伴う現象
  • Modelica と Dymola の使用時に陥りやすい間違えと解決法
  • モデル構築と数値計算のトラブルシューティング
  • 適正なソルバーの選択
  • C言語やFortran の埋め込み利用
  • 独立実行ファイル もしくは、 ダイナミック・リンク・ライブラリー(DLLs)としてのエクスポート
  • MATLAB や Simulink との互換性
  • シミュレーション結果のプロット、可視化
  • スクリプトによるタスク処理の自動化
  • 実時間シミュレーションのイントロダクション

対象者

新規Dymolaユーザー様はこのトレーニング・コースに参加くだされば有益です。Dymola や Modelica の知識を予め持っている必要はございません。シミュレーションや物理モデルの基本的な知識を持っていることは望ましいです。

登録方法

トレーニング・コースは、計画的に開催されるトレーニング・コースと、お客様の要望に合わせたプライベート・トレーニング・コースがあります。

登録、ご質問、アドバイスは 販売担当 までご連絡下さい。ご要望をお聞かせ下さい。

追加情報

Course flyer
Course overview