Modelon and Dymola

Modelon は今日に至るまでずっと、Dymola と深い関わりがあります。

Dymola は1990年代にスウェーデンのLund Institute of Technology からスピンオフした企業であるDynasim AB によって開発が始まりました。Dynasim AB の創始者である Dr. Hilding Elmqvist は、方程式ベース、コンポーネントベースでオブジェクト指向のモデリングのアイデアを明確に提案しました。これは後に1970年代後半の自動制御の開発における彼の博士研究の最中にModelica オープンスタンダードとなりました。

それから数十年後、DymolaはElmqvist博士と彼の会社の協力により、同じ学部の若い研究者たちに広く利用されています。そのうち幾人かの研究者は現在、Modelon の開発チームとなっており、Dymola の開発チームと非常に近い距離で働いています。

Modelon が1990年代から Dymola に関わり、また、Dymola の開発者たちと日々コンタクトしてきた経験により、このツールと関連するテクノロジーにおいて独自の専門技術とノウハウを蓄積し続けています。

2006年に、Dassault Systèmes が Dynasim AB を買収し、CATIA V6 PLM ソリューションの主要素となっています。