環境制御ライブラリー

モデロンの環境制御ライブラリーは飛行機の環境制御システムについての分析と設計のための Modelica ライブラリーです。エネルギー消費や乗客・乗務員に快適なレベルの温度管理を設計・研究するためのものです。

湿度や温度など取り巻く環境の大きな変化に依存した性能を考えます。これらの効果を第一原理と二方向流れによって考慮します。

このライブラリーは、ヨーロッパの機体製造業者とモデロンが長年の間協力して開発してきたものです。現在では、この分野でも産業連携を行うことができます。

このライブラリーは、大規模複合システムに適しており、ロバストな数値計算を効率的に行うことができます。部品モデルとして、熱交換器、コンプレッサー、タービン、排出器、ジェットポンプ、水セパレーター、バルブ、客室、パイプなどがあります。

利点

  • ユーザー定義のシステム・アーキテクチャを実現可能な柔軟な構成による効率的にモデル管理
  • 実時間の高性能モデルによるHardware-In-the-Loop (HIL) への応用
  • 陸上とフライト中の操作のあらゆるモードの分析のための二方向流れをフルサポート
  • 湿気のある空気を効率的にモデル化することにより大規模システムのロバスト性と高速シミュレーションが可能
  • システムの振る舞いを直観的に理解するためにシミュレーション結果をオンラインで可視化
  • 適正な複雑さの水準で忠実度高く構成でき、より早くシミュレーション可能なモデル


The Environmental Control Library is being used successfully by industry in system performance assessment and control system design.

The models are used to verify how the resulting system robustly delivers air conditioning and auxiliary cooling to all aircraft thermal loads.

Applications include:

  • Design and assessment of bleed and bleedless architectures
  • Control system verification
  • Full vehicle thermal management
  • Verification of critical components – is sufficient moisture extracted in the high pressure water separation loop. 

環境制御ライブラリーはモデロンとパートナーの連携により世界中に販売されています。

  気軽にお尋ねください。