エンジン ダイナミクス ライブラリー

エンジン ダイナミクス ライブラリーは、燃焼エンジンのモデリングとシミュレーション、そして分析に利用されています。吸気/排気の流路、中間冷却機、ターボチャージャー、EGRループなど取り扱えることはさまざまです。圧力や空気と排気ガスの交換における熱力学的振る舞いは明確にモデリングできます。ターボチャージャーや排気再循環の構成についても、構造を変えることのできるタービンの設計をしつつモデリングできます。エンジン ダイナミクス ライブラリーは、過渡期のエンジン応答やそれに関連した制御についてモデルを構築するのに適しています。

エンジン ダイナミクス ライブラリーの典型的な応用として、制御設計、過渡期のエンジン性能についての分析、過渡期のエミッションについての研究などが挙げられます。このライブラリーは、ディーゼル後処理を含む完全なエンジンシステムのモデル化と制御設計のために産業界で有効に活用されています。

利点

  • マルチドメイン: 同一のツール上で、流体力学、熱力学、力学を捉えることができます。
  • 空気と排気ガスの交換ダイナミクスを捉えることができます。
  • 制御設計によく適しています。
  • 使いやすいエンジンシステムのテンプレートをお客様のニーズに合わせて拡張し適用することができます。

冷却排気ガス再循環を伴うターボチャージャー付きエンジンのModelica ダイアグラム。このモデルの振る舞いは、体積、ターボシステムとフライホイールの慣性モーメント、そして、シリンダーブロックと部品の壁の熱容量によって決まります。


The Engine Dynamics Library have been successfully deployed in industry to develop multi-variable control of a complete unit consisting of both the engine and after-treatment system. 

Models developed in the Engine Dynamics Library can  be exported easily using the FMI technology for Simulink and/or Hardware In the Loop (HIL) applications.

Applications include:

  • Controls development
  • Software in the loop (SIL) or Model in the loop infrastructure for engine systems
  • HIL verification of ECUs
  • Modeling of exhaust-gas temperatures for investigating transient catalyst/after treatment boundary conditions
  • System-wide interdisciplinary modeling and energy management ideal for hybrid vehicles.

Webinar (2013)

  1. Dahl, J.,  Andersson, D., Gas Exchange and Exhaust Condition Modeling of a Diesel Engine using the Engine Dynamics Library, Proceedings of the 9th International Modelica Conference, September 3-5, 2012, Munich, Germany, pp. 101-113, 2012.

エンジン ダイナミクス ライブラリーは Modelon の製品であり、パートナーとの協力によって世界中に配られています。

  気軽にお尋ねください。

 製品シート

 リリース情報