Modelica User Conference 2017  Japan のご案内

Modelon主催によるModelica Users Conference 2017 Japan の開催を,以下の要領でご案内致します。

 日時:2017年10月27日(金)

 場所:トヨタ自動車株式会社 東京本社 

   

本会議は、日本の皆様にModelica および  FMI (Functional Mockup Interface)についてのナレッジや産業界でのベスト・プラクティス事例を、先進ユーザとのフェース・ツー・フェースの交流を通して共有していただくことを目的としています。発表事例は、日本および海外から、学術界および自動車とエネルギー分野の産業界から提供されます。

発表スライドはすべて英語で表記されます。発表は、日本語または英語で行われ、同時翻訳のサポートがあります。

発表会後は、発表者および他のユーザとの交流のための交流会も開催されます。

 

会場

トヨタ自動車株式会社 東京本社 地下1階大会議室
住所:〒112-8701 東京都文京区後楽1-4-18
最寄駅からのアクセス:1.飯田橋「C2」(3分)2.水道橋「JR西口」(5分)3.飯田橋「A1」(5分)
電話:(03) 3817-7111

 

 

プログラム

9:00 - 9:30

受付

9:30 - 9:35

オープニング

9:35 - 10:35

基調講演 システム全体レベルでの最適化-Modelica FMI に基づいた統合アプローチ

講演者: Hubertus Tummescheit  (Modelon Inc.)

 

概要:ダウンロード

10:35 - 11:35 講演2 現在のドイツ航空宇宙センター(DLR)における制御設計と検証のためのModelicaFMIを利用した車両ダイナミクスと制御の研究
講演者: Jonathan Brembeck (DLR)

 

概要: ダウンロード

11:35 - 13:00 昼食
13:00 - 14:00 講演3 火力発電の柔軟性向上のためのフレームワーク
講演者:
Stephane Velut (Modelon AB)
概要: ダウンロード

14:00 - 14:45 講演4 システム・シミュレーションによる設計
講演者: 大富浩一 (東京大学)

概要: ダウンロード

14:45 - 15:05 休憩
15:05 - 15:50 講演5 マツダにおけるModelica 活用の歴史と今後の展望
講演者: 小森賢 (マツダ株式会社)
  概要: ダウンロード

15:50 - 16:35

講演6  Vehicle Dynamics Library FMI を活用したパラメータ最適化プロセスの高速化
講演者: 飯田浩央 (トヨタ自動車株式会社)

  概要: ダウンロード

16:35 - 16:55 休憩
16:55 - 17:30 パネルディスカッション (全発表者)
17:30 - 18:00 クロージング
レストランへ移動
18:00 - 20:00 交流会

 

 

展示とスポンサー

本会議は以下のスポンサー様の協賛を受けております。

本会議と並行して、協賛企業による Modelica,、 FMI 関連ツールやサービス、ソリューションについての展示が行われます。

 

連絡先

質問がございましたら、下記電子メールや電話までお問い合わせください。

Email: muj2017@remove-this.modelon.com;

Tel: 03-3560-3182, 03-3560-3181 

 

参加申し込み

オンラインによる参加申し込みは8月21日(月)から。

会議参加費: 5000円 (180名限定)

交流会費: 3000円 (80名限定)

両方とも税込みです。

 

プライバシー ポリシー

  • 参加登録やブースでのアンケートにお答えいただく際に記入いただくお客様の情報は、個人情報の取り扱い(詳しくはこちら) によって管理されます。
  • スポンサー企業への個人情報の扱いについてのお願い。お客様の個人情報は、お客様の承諾のもと、このイベントのスポンサー企業に提供され、スポンサー企業のイベント、製品やサービスのマーケティングに利用されます。お客様が、このことに同意されない場合は、Modelon は、客様の情報をスポンサー企業に提供しません。