ホイールローダー ( タイヤドーザー )

機械システムの振る舞いに関する応用例として、ここではホイールローダーを見てみましょう。

積み込み機の多くは、通常の自動車の操行機構を使っていません。代わりに、前と後ろの車軸の間に位置する旋回軸があり、油圧式の機構が使われています。この機構は "articulated steering" と呼ばれいています。

 

 

この構造では、堅強な前車軸のおかげで大きな重量を運び上げることが可能になります。

Dymola の油圧ライブラリー車両ダイナミクス ライブラリー を使ってモデリングし応用した例を示します。

 

油圧により作動する操舵システムの回路

 

入力信号はサーボバルブを制御し、ステアリングシリンダーにオイルを供給します。これは、でこぼこの道にさしかかってから数秒で開始されます。


油圧とステアリングシリンダーへの流速。まず初めに、ステアリングシリンダーはでこぼこの道から力を感受します。そして、ホイールローダーを操舵するためにシリンダーでオイルが必要になると圧力が上がります。