スマート グリッド

エネルギー消費者は、複数のエネルギー供給機関からのサービス提供を受けます。そのため、予めモデリングとシミュレーションを利用して計画を立てることが求められます。

Dymola と Modelica のライブラリーを活用することにより、分散する発電システムと消費者を考慮しながら、パフォーマンスの向上を目的として全体を設計することが可能になり、有意なコスト削減を見込めます。

利点

  • マルチドメイン モデリングにより分散するエネルギー源をモデル化しシミュレーションを行うことができ、時間の節約と設計効率の向上につながります。
  • 敷設網の構成と運転を最適化することで、大幅なコスト削減へとつながります。
  • 電力会社が電力の消費に対する生産をうまく調整することが可能となり、サービスの信頼向上へとつながります。

スマートグリッドのモデリングは以下の内容を含みます。

  • 貯蔵能力のある再生エネルギー資源の統合
  • 消費パターンに適した生産の決定

複数の電力を住宅エリアへ送るための分散スマートグリッドへのソリューションです。

このソリューションは、課せられた電力消費のプロファイルに従うように設計されています。