原子力発電

原子炉のモデリングには大きな課題が二つあります。1つは、確実な安全が求められる中で高度な技術を用い複雑な組み立てを行うこと、もう1つは、設計者、技術者、株主たちが大掛かりな連携を保ちながら進めることです。

利点

オークリッジ国立研究所と共同の検証において、以下の利点がありました。

  • 簡単な設定で様々なレベルの技術を利用できます。
  • 一貫したソリューションを活用することができます。
  • Excel を使ったシミュレーションの実行が可能です。この場合、Modelica や Dymola の専門知識を使わずに実行することができます。

ユーザーが構築したFMUはダウンロードされた後、FMI Add-in for Excel を利用することにより、シミュレーションと自動プロッティングをエクセル上で行うことができます。Modelica 2014 コンファレンスでのダイナミックSMRモデリングについての論文をご覧ください。

Oak Ridge National Laboratory (ORNL)のような組織は、一般的な原子発電プラントの約1/3のサイズの小型原子炉(SMRs)を搬送します。SMRs は速い開発サイクルと低いコスト、スケーラビリティ、場所の柔軟性などの利点が約束されています。しかし、それでも極めて複雑で大規模な協力作業が要求されます。

モデロンは、MoDSIM と呼ばれる FMIを基礎としたソリューションを開発しました。これにより、SMRs を開発する組織での協力作業でのニーズを満足させます。外部プラットフォームを利用したウェブベースのインターフェースで連携することにより、モデル構築と、FMI Add-in for Excel を利用した現地の応用展開を容易に実行できます。

モデロンと ORNL のエンジニアは、液体-金属 小型モジュール・リアクターのコンセプトを Dymola を使いモデル化し、FMI でエクスポートして、MoDSIM を検証してきました。

 

     

  1. Batteh. J., et al.  Dynamic modeling of Small Modular Nuclear Reactors Using MoDSIMProceedings of the 10th International Modelica Conference

    , March 10-12, 2014, Lund, Sweden, pp. 989-998, 2014.

  2.  

  3. ORNL turns to open-standards modeling for collaborative design of small nuclear reactors - Article in Power Engineering, April 2014 
  4.  

  お問い合わせください !

関連製品

FMI Add-in for Excel

Modelon の支援により、モデリングの技術者でない人々がリアクターの設計コンセプトをシミュレーションできるぐらい敷居が低くなります。彼らの提供する動的モデリングのインターフェース、ライブラリー、モデリング言語へのサポート、そして、FMI Add-in for Excel によって、初心者でも様々なパラメーターのケースを試すことができます。リアクターの設計の領域では、かつてなかった組み合わせです。

Richard Hale , principal investigator for advanced small modular nuclear reactor program at Oak Ridge National Laboratory