車両の熱管理

自動車産業の設計エンジニアは、物理的実在と制御システムの複数のドメインが相互作用するような複雑な課題に直面します。その中でも特に車両の熱の管理 (vehicle thermal management, VTM) は重要なものです。

その分析の対象が客室内であれエンジンであれ、はたまた別の領域であれ、終わることのない燃費効率の研究において、自動車の技術者は、DymolaやModelicaのライブラリーを使ったモデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) のアプローチにより大きな恩恵を享受することになるでしょう。

Dymola や Modelica ライブラリを利用したモデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) では、短い計算時間で複合的なシステムを包括的にシミュレーションし分析することができます。高速列車から電気自動車まで乗り物の多種多様なアーキテクチャについて、定常状態ばかりでなく、非定常状態までもシミュレーションできるバラエティ豊かな技術を提供しています。

利点

  • テスト時間とコストを削減します。
  • 設計サイクルの初期にシステムのパフォーマンスを分析することができ、テスト時間とコストを削減することができます。
  • 設計の変更コストが低い初期の段階で、システムのパフォーマンスを分析することができます。
  • Modelica ライブラリーとの互換性があり、モデルの再利用とスケールの変更調整が可能です。

ウェブセミナー: 車両の熱管理と空調

登録してすぐご覧になれます!

モデロン製の Modelica ライブラリーを使用した車両の熱管理

Modelica による車両熱管理

このプレゼンテーションは、車両熱管理への利用を目的とした Modelica ライブラリー一式をハイライトしています。

モデルベース開発システムエンジニアリングは物理系と制御系が複雑に相互作用するマルチドメイン・システムを使って、ドライブサイクルでの熱と燃費研究を行います。 FMU を Simulink へと統合することによりモデルを共有し、制御開発と最適化を行います。

FMI を基礎とした柔軟なワークフローでは、バッチシミュレーションとモンテカルロ・シミュレーションをエクセルで行うことができます。CDF からの熱交換カップリングの入力により、熱交換器ライブラリーからの忠実度の高いモデルを使うことで、不均一性からくる性能低下の計算を可能にします。

フルテキスト: Integrated Vehicle Thermal Management Modelica

 熱管理ソリューション パンフレット

John Batteh - Modelicaによる熱管理システムの統合: 概要と応用  - Modelica カンファレンス 2014 Paper

車両の統合的なシミュレーションに対する注目 - Check out this article in DesignFax モデルベース開発システムエンジニアリングにおける分析がハイブリッド車のサブシステム間の相互作用をいかに役立つかということに注目しています。