Modelica Delft-Tyre インターフェースによるタイヤのモデリングとシミュレーション

Modelica のDelft-Tyre インターフェースでは、TNOによる工業標準のタイヤモデルを Modelica のツールで利用することができます。

このインターフェースは、車両ダイナミクスと操作の分析において広く妥当性が認められている MF-Tyre と MF-Swift モデルを利用したものであり、Delft-Tyre のバージョン 6.2.0.3 と互換性があります。

 

利点

  • 数多くの測定と実験データを用い広く妥当性が検証されたモデルに基づいているので、工業標準を満たすための早道になります。
  • 技術者が既存のデータを再利用することができます。
  • 造ったタイヤモデルを信頼して利用できます。

サポートしているツールとモデル

  • Modelica.Mechanics package
  • Modelon Vehicle Dynamics Library
  • OpenCRG road model 

Modelica Delft-Tyre Interface  - パンフレット

Modelica Delft-Tyre Interface  - Modelica カンファレンス 2011 Paper 

  お問い合わせください!

関連製品

車両ダイナミクス ライブラリー


MF-Tyre の車輪を使った基本的なシャーシモデルのダイアグラム


パートナー製品

MF-TYRE

MF-Tyre は、Pacejka Magic Formula として知られている標準実装に基づいています。定常状態や非定常状態の8Hz までの振る舞いをシミュレーションにより検証することができ、ハンドリングや試作品のための理想的なタイヤモデルをつくることができます。

MF-Tyre は、右左折、ブレーキ減速、そして、同時にその両方を正確に描写します。健全な外挿により、測定・実験がなされていない条件での領域もまたシミュレーションすることに適したモデルをつくることができます。

MF-SWIFT  

MF-Swift は、MF-Tyre を拡張して100Hz まで取り扱うことができます。MF-Tyre の道路との接触の力と運動量について、一般的な三次元の障害物とタイヤベルトのダイナミクスが加えられています。

MF-Swift の典型的な応用領域は、乗り心地の分析、サスペンションの振動の解析、制御システム開発(ABS やESC など)、そして、でこぼこ道でのターンにおけるブレーキやパワーオフに関する安定性やハンドリングの分析など多岐に渡ります。