ハイブリッド車と未来の車両

モデロンは、例えばトヨタのような会社が Dymola と車両ダイナミクスのライブラリーを利用して、未来の乗り物の概念を創り出す支援をしています。

トヨタの新しい個人用移動車は、従来のものとは全く異なるコンセプトに基づいていますが、その開発にはモデルベースの設計アプローチが欠かせませんでした。

必要なモデルは、車両ダイナミクス ライブラリーを基礎として造られ、原物に忠実に各部分が複合的に組み合わさっている形式で表現されていると同時に制御設計のツールチェーンにきちんと統合されます。

同じモデルは、サスペンションや制御システムの設計やその影響など、検討するコンセプトについて振る舞いを予測・検討するために利用されます。

 

 Top Gear の Richard Hammond test-drive Toyota i-Real を是非、ご覧ください

Modelica カンファレンスの論文

Modelica による新規車両コンセプトの開発



関連製品

車両ダイナミクス ライブラリー

Dymola と Simulink インターフェイス


車両ダイナミクス・ライブラリーのパワートレーン。バッテリー、前車輪のインホイールモーター、減速ギア、電力システムの組み合わせ。