アクティブセーフティーとリミットハンドリング

Dymola を使い車両ダイナミクス ライブラリーでモデルを構築することにより、Volvo のような自動車メーカーが車両の振る舞いを数学モデルで表現し、新しい設定の効果を正確に予測することを可能になります。

さらに、OPTIMICA Compiler Toolkit は定常状態や非定常状態のシミュレーションを実行したり、車両の操縦性に関連した最適化問題を解こうとするときに役立ちます。

Volvo Car Corporation と Royal Institute of Technology との共同研究開発では、車両の操縦ダイナミクスの新規制御法による潜在的な性能と安全性の評価のためにモデロンのソリューションが活用されてきました。

この共同研究開発では、2種類の Modelica モデルが使用されました。一つは、XC90 の完全なマルチボディ表現モデルであり、シミュレーションを通して設計が評価されました。また、実験データとの検証もなされています。これは、車両ダイナミクス・ライブラリー に実装されています。

もう一つは、ダイナミクス最適化を目的としたモデルです。 OPTIMICA Compiler Toolkit ツールを使うことによって、Modelica モデルは最先端の最適化ソルバーを利用するコードへとコンパイルされます。この方法によって、研究者は最適のトラジェクトリーと各車両機構における制御出力を発見することができます。妥当な車両機構を利用すれば望みのパフォーマンスを持つものを早期に査定することができます。

Dassault Systemes Contact Magazine

 Volvo Cars: Active Safety 

パラメーターの変更が車両に対してどのように影響してくるのかを理解することで、安全性の改善に向けて、センサー、推定装置、制御装置を効率的に適用することができます。

Bengt Jacobson , Technical Specialist, Vehicle Control Architecture, Volvo Cars

関連製品

Vehicle Dynamics Library 

Dymola with Simulink interface

OPTIMICA Compiler Toolkit