航空宇宙 & 防衛

航空宇宙および防衛に関わる製品は、多種多様なドメインが密接に連携を保っており、非常に複雑なシステムでありながらも高度に頑健であることが要求されます。それ故に、バーチャルでの開発と検証が必須となります。

これらのシステムのためのソフトウェアは安全性が重要です。検証・認証は DO178C 規格やそれに関連した規格に準拠しなければなりません。モデロンは、このプロセスを支援するためのソリューションを、以下を含む様々な領域で提供してきました。

  • 機体のOEM
  • 航空宇宙産業界のサプライヤー
  • 推進システムのプロバイダー
  • 防衛会社
  • 航空会社

エネルギー・マネージメント

商用フライトでは、高度に高率的な航空機であることが望まれています。航空機のエネルギー消費は、さまざまな補助システムで発生し、それぞれが大きく影響します。協働するシステムを最適化し、エネルギー効率を高めるためのシミュレーションと最適化のソリューションを提供します。


燃料システム

戦闘機のような航空機は、大きな加速度によって特徴づけられます。 モデロンは、負荷のかかる状況での操縦性能とロバストな燃料システムを保証するためのシミュレーションと最適化のためのソリューションを提供します。

 

 


熱管理

大規模な航空機では、熱管理システムは高価なものです。それは、全体のエネルギー消費を大きく占め、運転コストに直接影響します。

熱管理システムは航空機の機能と安全性を考える際にとても重要な要素です。特に、飛行中に急激な温度変化にさらされるときには問題になります。これらは、製造者が、乗客や乗務員に快適さを提供するためのシステムでもあります。

モデロンは、航空機製造業者が熱管理システムのエネルギー効率や安全性、そして快適さを最適化するために中心的な役割を担ってきました。

 

 


テレイン(地勢)車両

テレイン車両における推進システムとレイアウトはさまざまで、幅広い選択肢をカバーするソリューションを必要とします。

モデロンは、 車両ダイナミクス・ライブラリー に基づき、さまざまな設計コンセプトのシミュレーションをオフラインや実時間で行うことを可能にする柔軟なソリューションを提供します。


埋め込み制御開発

仮想環境での制御開発では必要とされることは、信頼できる物理モデル、開発サポートシステムのツール、高度に自動化された検証と文書の追跡可能性、開発プロセスでの人為的結果へのアクセスなどがあります。

これらのコントロールは安全性を重視します。追跡可能性と監査、充分な文書化プロセスを必要とする DO178-C のような規制を含んでおり、安全性を重視します。

 

 

 


空気ばねの設計とチューニング

複数の軸、空気ばねシステムを用いた車両のサイズと重量では、実際のプロトタイプを作成しテスト場合、高価でリスクがあります。モデロンは、油圧、空気圧ライブラリーを含むツールを使いマルチドメイン・モデリングとシミュレーションを行うことで、ばね部品を含む車両全体をリアリティのある操作を実現する技術を提供します。設計の初期に安全なシミュレーション環境で、性能と安全性を評価できます。